アレルギーと布団について

近年のアレルギー疾患の増加傾向と、ダニが及ぼすアレルギーと布団の関係についてご紹介しております。

アレルギーの最大の原因はダニ。

アレルギーとは人の体内に入り、過剰な反応をすることを言います。中でもダニ、ハウスダスト、花粉、カビを原因とするアレルギー性疾患は、年々増加しています。
下のグラフの通り喘息の人のアレルゲン陽性率を見ると一番の原因は、ダニと室内塵(ハウスダスト)です。

アレルギー症状を持つ人のアレルゲンの陽性率

ハウスダストの実体は家屋内の塵で、繊維類、人や動物のフケや毛、ダニの死骸や糞、細菌やカビ、花粉などが含まれています。
ハウスダストの中でもダニがアレルギーの主な原因であることが判明しており、ダニはハウスダスト内のフケやカビを栄養源としているため、ダニとハウスダスト対策は、ほぼ同じ意味をもっています。

布団のアレルゲン除去対策が重要

ハウスダストが溜まりやすく、ダニが生息しやすい物として、ベッド、布団などの寝具がアレルギー対策上、重要であると言われています。
特に、布団や毛布などの寝具はアレルギー性疾患の人が長く接することもあり、吸い込む空気の中に含まれるアレルゲンが濃厚に吸引される可能性が高いからです。

アレルギーの原因は生体よりもダニの死骸、糞が重要。

ダニの生体そのものよりも死骸や糞がアレルゲンになりやすいのです。
死骸や糞は粉々になりやすく、気管に入りやすくなります。家にいてアレルギーになりやすいのは、主に2種類で、コナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニです。

アレルギー患者の布団には、ダニがいっぱい。

アレルギー患者の数は年々増加していて、厚生労働省の調査でも全国民の1/3が何らかのアレルギーに悩んでいるとの報告があります。
なぜそれほどまでアレルギーが増えたのでしょう?
その原因については住環境がダニにとっても住みやすい環境になったこともあり、屋内のダニは30年前の3倍にまで増えています。

布団はダニの温床。

ダニのエサは人のフケや垢です。そのエサを最も手に入れやすいのが、布団やカーペットなどです。
また、ダニは隙間とか表面が凹凸している場所、湿気がある場所を好みます。布団、カーペット、ジュータンはダニにとって最高の場所です。

「アレルギー」と「アトピー」は同じではない。

「アレルギー」と「アトピー」、両方ともよく耳にする言葉で、同じものだと思われていますが、厳密にいうと同じではありません。アレルギーというのは、ひと言でいえば、「特定の物質に対して引き起こす過敏な反応」のことで、反応の現れ方によって、T型からW型まで4つの型に分かれています。

アトピーは早く反応が現れるアレルギー。

アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、花粉症など一般的なアレルギー疾患は、主にT型とW型にかかわっています。

アレルギーの4タイプ

T型アレルギーは、原因になる物質(アレルゲンあるいは抗原と呼ばれています)が体に入ると、すぐに反応が出るタイプで、10〜20分くらいたった頃に症状がピークに達します。ジンマ疹、花粉症、気管支ゼンソク、胃腸アレルギー、それにペニシリン・ショックなどの薬によるアレルギーです。
このT型アレルギーの代表がアトピーですが、最近はそれだけでなく、V型(腎炎や血清病などの一部)やW型(うるしにかぶれたり、時計のバンドにかぶれる接触皮膚炎など)のアレルギーもアトピーに関係しているといわれています。

乾燥性の皮膚はアトピーになりやすい。

アトピー性皮膚炎の症状は、ジクジクした湿疹、あせものように一つ一つ盛り上がった湿疹、皮膚のただれ、毛穴のボツボツ、乾燥して皮膚がカサカサしているものなど、じつにさまざまです。

アトピー性皮膚炎を起こす人は、毛穴がザラザラした、脂分の少ない乾燥性の皮膚の人が多いといわれています。こういう皮膚は刺激に対する抵抗力が弱く、皮膚の表面からもアレルゲンが侵入しやすいのです。

布団の1枚の中にダニが数十万匹もいる?

子どもから大人まで、アトピー性皮膚炎の原因で最も多いのはダニです。中でもコナヒョウヒダニという種類のダニがいちばんの悪者で、この死骸やフンを吸い込んだり、皮膚から吸収したりして、アトピー性皮膚炎を起こすのです。布団1枚の中に、生きているものや死骸まで合わせると、数十万匹もいるというのですから、想像しただけでゾッとします。

布団の中にはこんなにダニがいます。

アレルギーと布団の関連ページ

布団はアレルギーの原因であるダニやカビが発生しやすく、アレルギー疾患の発生を防止するためにも、日頃のお手入れや定期的なクリーニングで、アレルギー対策をする必要があります。

このページのトップへ

専門家のコメント

現代の住宅は断熱材やアルミサッシの普及で非常に気密性がよくなりました。ということは、裏を返せばダニやカビが繁殖する絶好の条件が整っているということです。

おまけに、畳の上にカーペットを敷いたり、家具を並べたり、ペットを飼ったりする家庭が多くなりました。

どれをとってもアレルギーを起こすのに一役買っているものばかりです。

このページのトップへ

布団クリーニング宅配サービスご利用案内

布団のクリーニングや宅配サービスに関することは何でもお気軽にお問い合わせください。

運営会社:マスタークリーナーズ

〒723-0041
広島県三原市和田1-5-15
tel:0848-64-2781
fax:0848-64-5028
(営業時間:8:30〜17:30)
(日・祝日を除く)

このページのトップへ