アレルギーマーチについて

年齢によってアレルギーの症状や原因物質が変化していくアレルギーマーチにいてご紹介しております。

アレルギーマーチとは

アレルギーマーチとは、アレルギー疾患の症状や原因物質が年齢が進むにつれて、いろいろ変化することです。
胎児期にアトピー素因というアレルギー体質を引き継ぐことにより、乳児期にアトピー性皮膚炎、次いで幼児期に気管支喘息やアレルギー性鼻炎・結膜炎、思春期に花粉症が出現するといったアレルギー性疾患の連鎖現象と、アレルギーの原因となる抗原(アレルゲン)の種類が、年齢とともに、卵白・牛乳などの食物抗原からダニ・ハウスダストへ、さらに花粉などの吸入性抗原と原因となる抗原も変化していきます。
以上のように、年齢と共に行進(マーチ)しているかのようにアレルギー疾患の症状や原因物質が変化していくことからアレルギーマーチと名づけられました。

アレルギーマーチの進行過程

アレルギーマーチの症状や原因物質

アレルギー症状とアレルギー物質の連鎖パターン

アレルギーマーチでは、アレルギー症状の現れ方や原因となるアレルギー物質は人それぞれ異なります。いろんなアレルギー症状がいろいろな順番で現れます。一例として、各年齢期ごとの典型的なアレルギー疾患の連鎖パターンを示すと以下のように進行していきます。

胎児期
遺伝的にアトピー素因というアレルギー体質を持った女性が妊娠すると、胎盤から将来アレルギーを引き起こすことになる要因が、胎児に移行します。
乳児期
胎児期にアレルギー要因が移行した乳児が、離乳食などでアレルギー抗原物質を飲食すると、食物アレルギー症状が発症します。また、アトピー性皮膚炎などが現れることもあります。
幼児期
活動範囲が広がり、活動も活発になると、家庭内のチリダニや花粉などの吸入性アレルゲンなどが原因となって、気管支喘息やアレルギー性鼻炎など乳児期とは違うアレルギー症状を起こすようになります。
思春期
思春期になると、更に活動範囲が広がるため、まざまな影響を受けるようになるため、スギ花粉などによる花粉症や重度のアレルギー性鼻炎・アレルギー性皮膚炎、など多様なアレルギー症状が起こります。
成人期
成人期までアレルギー症状が継続すると、花粉症やアレルギー性鼻炎、更に成人型気管支喘息などの症状を起こすようになります。

アレルギーマーチの予防

アレルギーマーチの進行を防止するためには、アレルギー疾患の発症の予防が何よりも重要です。アレルギーの発症予防は抗原が身体に入らないようにすることです。
アレルギーを起こす抗原は、食事からのもの、吸引性のもの、皮膚から入る接触性のものがあります。食事からのものに対しては、それを食べない制限除去食がありますが、完全な除去食は非常に難しく、専門医の指導のもとで行われなければなりません。
乳児期の早くから、ダニを減らす対策を行うと、ダニアレルギーが減ることが、すでに報告されています。
将来の吸入性抗原による気道アレルギーへの発展を予防するためには住環境の整備が必要です。吸引性、接触性のものに対しては住居環境の整備(ダニ、ハウスダスト対策、カビ対策)が重要です。

布団クリーニング宅配サービスご利用案内

布団のクリーニングや宅配サービスに関することは何でもお気軽にお問い合わせください。

運営会社:マスタークリーナーズ

〒723-0041
広島県三原市和田1-5-15
tel:0848-64-2781
fax:0848-64-5028
(営業時間:8:30〜17:30)
(日・祝日を除く)

このページのトップへ