花粉症の発症予防には

花粉症の症状を悪化や発症を予防するための花粉飛散時期の布団のお手入れ方法について、ご紹介しています。

布団の花粉対策が必要です

花粉は、ダニやカビと並んで吸入性アレルギーの代表的な物質です。最近の調査結果によると、花粉によるアレルギー疾患の患者数は年々増加しており、花粉症の発症年齢も低下傾向にあります。
特に就寝時や起床時、布団の上げ下ろしの際に花粉症の症状が一気に悪化すると感じている人は意外に多く、これは、布団に付着した花粉や寝室に入り込んだ花粉が、寝返りや起き上がった時などの布団を動かす動作により舞い上がり、浮遊するアレルギー物質を多量に吸い込むことが原因と考えられます。
布団などの寝具は、口や鼻の呼吸器に近くで長時間接するため、花粉もダニやカビと同様に厳重に対策をすることが必要です。

布団干しにも細心の注意が必要です

花粉の飛散時期は布団干しにも注意が必要です。

花粉症の原因になる花粉は、数百キロ先まで飛散するといわれています。花粉の飛びやすい日は、気温が高く、晴れて空気が乾燥した日に多く飛散します。
布団干しに最適な日は、花粉が一番飛び易い日でもあります。干した布団は洗濯物より花粉が付着しやすく花粉症の症状を悪化させてしまいます。
しかし、布団のメンテナンスを怠るとダニ増加やカビの発生などの心配があります。どうしても布団を干したい場合は、気象条件に注意し、花粉が布団に付着しにくいように工夫をすることが必要です。

外に布団を干す場合は花粉を減らす工夫が必要です。

花粉の飛散時期に、布団を外に干すと、布団に付着した花粉をそのまま部屋の中に持ち込んでしまいます。
カバーを掛けて干したり取り込み時に十分払い落とすなどの工夫をすることで布団に付着する花粉を減らしたり、室内に持ち込む花粉量を減らすことができます。
布団の両面を手で払うと約60%の花粉を落とすことができるという調査結果もあります。カバーを掛けたり掃除機での吸引を行うと更に花粉を減らすことができます。
取り込む時は、布団の表面を払ったり、花粉を吸い込まないためにマスクの着用をお勧めします。

花粉の飛び易い気象条件

原因植物の種類により花粉の飛散時もさまざまで、花粉の飛ぶ距離も異なります。地域によって花粉の飛ぶ時期も変わってくるので、自分の住んでいる地域の飛散時期を把握することが大切です。
花粉の飛散量の情報は、インターネットやテレビ、新聞などから手軽に花粉情報を知ることができます。布団干しや花粉症対策にご利用ください。

日本気象協会によると花粉は次のような気象条件が揃うと飛散量が増える傾向があります。

  • 昼夜を問わず花粉の飛散量は,気温が上昇し湿度が低下すると増加する。
  • 湿度の高い日や雨が降ると花粉が水分を吸収し重くなり飛散量は著しく減少する。
  • 雨上がりに気温が上昇し湿度が下がると飛散しやすく特に早朝に雨があがると、その日の飛散数は多い。
  • 前日の気温上昇時に雨が降っていた場合は、雨が上がった日の気温上昇時に、前日地面に落下した分も加わり大量に飛散する。

布団が干せない場合のお手入れ方法

経済的な布団のお手入れ方法として最適なのが布団干しですが、どうしても花粉は付着してしまいます。家族に花粉症の人がいる家庭では、できるだけ屋外へ干すのは控えた方が賢明です。
しかし、布団にとって最大の敵はカビやダニ、臭いの発生要因となる汗による湿気とアレルギーの原因となるハウスダストです。定期的な乾燥と掃除機による吸引などのお手入れを行うことで快適な布団の状態を保つことが必要です。

室内での布団の乾燥方法

一番手軽な方法はエアコンの除湿機能ですが、部屋の床にある花粉やハウスダストを舞い上げてしまうため、事前に、床の掃除が必要です。

布団乾燥機も有効な手段ですが、無い場合は布団干し用のスタンドやイスを利用して日光(紫外線)の当たる窓際に布団を掛けておけば、布団表面の雑菌の繁殖や湿気を抑え、ある程度は衛生的に保つことができます。
乾燥後は、掃除機で吸引すれば、更に効果的です。

日光の当たる窓際に布団を干すと効果的です。

アレルギー予防に効果的な布団丸洗い

花粉症の人は他のアレルギー性疾患を併発する可能性も高いと言われています。また、スギ花粉症の人は、スギより少し遅れて花粉を飛ばすヒノキ花粉症など他の植物が原因で花粉症を併発する場合も多くあります。花粉症の方は、他のアレルギー性疾患を発生しやすいと考えて早めの予防対策をとることが必要です。
予防対策上のアレルギー物質としてはダニ、カビ、ペットのフケなど、鼻や口から吸い込まれる吸入性のものが重要です。特に長い時間を過ごす布団は吸入性のアレルギー物質が蓄積しやすく、布団干しだけでは、花粉以外のアレルゲン物質や汚れや臭いを落とすことは出来ないので、定期的な布団の丸洗いをおすすめします。

布団クリーニング宅配サービスご利用案内

布団のクリーニングや宅配サービスに関することは何でもお気軽にお問い合わせください。

運営会社:マスタークリーナーズ

〒723-0041
広島県三原市和田1-5-15
tel:0848-64-2781
fax:0848-64-5028
(営業時間:8:30〜17:30)
(日・祝日を除く)

このページのトップへ