軟水クリーニングの詳細

布団のクリーニングに使用している洗浄水は全て洗浄効果が高く環境負荷の少ない軟水でクリーニングしています。

水の硬度、軟水と硬水とは

水の硬度とは、水中に含まれるカルシウムイオン、マグネシウムイオンの含まれる量を表わすものを硬度(こうど)と言います。
日常、私たちが生活水として使用している水にはカルシウムイオン、マグネシウムイオン等の「硬度成分」が溶け込んでいます。
カルシウムイオン、マグネシウムイオンの硬度成分含有量が多い水を硬水、少ない水を軟水と言い、軟水でクリーニングすることを軟水クリーニングと呼びます。

日本では、硬度0〜60ミリグラムを「軟水」、120ミリグラム以上を「硬水」、その中間の60〜120ミリグラムを「中硬水」としているのが一般的なようです。
水道水としての水質基準はクリアしていても、降水量や地質などの関係で水の硬度やイオンバランスは地域や環境などによって大きく異なります。
また、水の硬度は布団をクリーニングする場合にとても重要で、水の硬度がクリニングする洗浄性を大きく左右します。

日本全国の水道水硬度分布マップ

このページのトップへ

硬度と洗浄性

水の硬度は洗浄性と大きく関連します。その原因とは、硬度成分が洗剤のイオン性界面活性剤や石鹸の成分である、脂肪酸ナトリウムと結合し、その活性を消失させ、十分な洗浄力が得られなかったり、硬度成分が汚れの凝集や汚れの付着を助けるという点です。
この物質は金属石鹸または石鹸カスとも呼ばれ、水に不溶性の粘着性のある物質で、布団の表面や中わたなどに薄い膜として付着し、さまざまな悪影響を与えます。
一般に石鹸を溶かした水は白く濁った状態のものであると思われていますが、白濁した物質は水の硬度成分と結合した石鹸カスです。
硬度成分を除去した軟水で石鹸を溶かすと石鹸カスが無くなり透明な石鹸水になります。

軟水と硬水の洗剤泡立ち比較

左側の軟水は、ふわふわした泡がボトルの上の方までいっぱいに、残った水も透明できれいです。
一方、右側の硬水は泡がほとんどありません。溶けきらない純石けんの粉が残り、水はあきらかに濁っています。しかも、ボトル中に石けんカスがびっしり。こうして比べてみると、軟水と硬水の違いは一目瞭然です。

石鹸カスは洗剤としての洗浄力がなくなるばかりでなく、非常に粘着力があるため、何とでもくっつきやすい性質があり、乾燥などで熱を掛けると結晶化して、固まってしまいます。
石鹸カス自体が問題のある汚れの一種になり、黄ばみやカビの原因となります。
硬度成分を除去した軟水でクリーニングすると石鹸カスが無くなり、汚れ落ちも良くなり布団の色柄が鮮やかで柔らかな仕上りになります。

このページのトップへ

硬度と石鹸カス

日本の水は平均的には軟水といわれていますが、日本の水の平均硬度50から60ミリグラムで徐々に硬度の影響が出てきます。
洗濯時に50リットルの水に50gの粉石鹸を溶かした場合、石鹸のうちどの位の量が、石鹸カスに変化してしまっているのか硬度と石鹸カスの量の関係は、以下のようになります。

水の硬度による石鹸カスの発生量

日本の水の平均硬度50から60ミリグラムで洗濯しても、使った石鹸の約3分の1が石鹸カスになり、残った石鹸分で洗濯していることになります。
硬度100では約6割が石鹸カスになり、洗浄力は著しく低下します。硬度160では洗浄力はほぼゼロになり、石鹸カスの中で洗濯物をかき混ぜているだけです。
ちなみに、硬度0の超軟水を使用した場合、石鹸カスの量は0になり、必要とされる石鹸の使用量も、通常の半分以下になります。

軟水クリーニングと環境

軟水クリーニングとは、洗浄水を軟水器により、硬度1mg以下の超軟水に変えてクリーニングする方法です。

軟水でクリーニングすることにより、石鹸カスがなくなる為、泡立ちが良くなり硬水に比べて石鹸の使用量を減らすことが出来ます。
また合成洗剤には軟水効果を得る為に、硬水軟化剤(エデト酸塩等)という化学物質が含まれており、これが昨今、環境に負荷をかける物質のひとつだと考えられます。
洗剤の使用量を減らせ、硬水軟化剤を必要としない軟水は、環境にやさしいクリーニング用の洗浄水と言えます。

また、石鹸カスはカビの栄養源にもなります。石鹸カスの付着が無い軟水クリーニングは、黄ばみやカビの発生を抑え、カビを餌とするダニの発生も抑え、住環境を清潔にし、健康を守る効果もあります。

布団クリーニング宅配サービスご利用案内

お気軽にお問い合わせください。

運営会社:マスタークリーナーズ

〒723-0041
広島県三原市和田1-5-15
tel:0848-64-2781
fax:0848-64-5028
(営業時間:8:30〜17:30)
(日・祝日を除く)

このページのトップへ