住まいの主なカビの種類

住まいに発生する主なカビの種類と特徴、カビの害や病気についてご紹介しています。

住まいで発生する主なカビ

カビには、いろいろな種類があります。まず、カビは、「糸状菌」、「きのこ」、「酵母」の3種類に分けることができます。
この3種類のカビのうち、私たちの生活に悪影響を及ぼし、予防や対策の必要なカビは、「糸状菌」です。

住まいからは60種類以上のカビが記録されていますが、大別すれば、風呂場などに発生する「黒カビ」、水周りに発生する「赤カビ(酵母)」、カビ臭の原因「青カビ」の3種類になります。
普遍的に見られるのは以下に示すようなカビです。カビは発ガン性物質であると同時にアレルギーや感染症を引き起こし、カビが発生した室内では早急に対策が必要です。

住まいで発生する主なカビの種類と特徴

種類(菌名)・色 特徴 主な発生場所
クロカビ
(クラドスポリウム)

黒カビの顕微鏡写真
黒く斑点状のカビで住宅のいたるところに繁殖し、アレルギーの原因にもなります。 風呂・トイレの壁・タイル目地・塗装面や内装材の接着剤・ビニールクロス・エアコン内部・加湿器内部・洗濯機内部
コウジカビ
(アスペルギルス)
白・黄・緑・黒
コウジカビの顕微鏡写真
自然界に広く分布、まだらにいろいろな色に変化する。醸造などに有効利用されるが、肺に入ってしまいますと、気管支肺アスペルギルス症の原因になります。亜種のフラパスは肝臓ガンを引き起こす非常に危険な菌種。 食品や飼料、皮革製品など布団・畳・カーペット・家具類
ススカビ
(アルテルナリア)

ススカビの顕微鏡写真
黒くスス状のカビで非常に湿気を好み住宅の壁、塗装面、プラスチックなどからよく検出される。アレルゲンか気管支喘息、過敏性肺臓炎の原因菌。丈夫で多くの抗カビ剤が効かず再発しやすい。 布団・塗装面やビニールクロス、接着剤ホースやシャワーカーテン、風呂場のスノコエアコン内部
アオカビ
(ペニシリウム)
白・桃・黄緑・青
アオカビの顕微鏡写真
200種以上の亜種を持つカビで青緑色の点が特徴、抗生物質のペニシリンの製造に有効利用されるが、カビ毒を生成し肝臓ガン、肝硬変などを引き起こす。 地球上のあるゆる所に生息し、食品類・柑橘類・パン・餅などによく繁殖し、押入れ・畳などにも繁殖する。
アカカビ
(フザリウム)
白・黄・褐色・赤・赤紫
アカカビの顕微鏡写真
土壌、河川、汚水、空中、室内にも広く分布するカビで角膜真菌症の原因となる菌。 台所の排水口や洗いカゴの受皿、洗面所の洗面台、浴室の床
黒色酵母
(オーレオバシデウム)

黒色酵母の顕微鏡写真
自然界に広く分布し、太陽光線にも乾燥にも強いカビで発育初期は白色の集落を形成するが、次第に黒色の湿潤した集落となるカビで浴室や排水溝のヌメリの原因となります。また胞子を吸入することにより過敏性肺炎の原因にもなる。 浴室、排水溝、布団、衣類、タオル、木材、清涼飲料水、醤油など
ケカビ
(ムコール)
白・淡黄・淡灰
ケカビの顕微鏡写真
灰白色で綿毛状の集落を形成し、発育が速く食品上でも短時間で増殖し、腐敗物などに広く分布し、また長時間低温保存した食品、生鮮野菜、果実などに取り付く。 土壌、果実、でんぷん、野菜など
カワキコウジカビ
(ユーロチウム)
黄緑・赤褐色
カワキコウジカビの顕微鏡写真
やや乾燥した環境を好む(好乾菌)。食品のカビ発生原因としてポピュラーなカビで古本などのカビ臭いニオイの元になる。 畳、絨毯、カメラのレンズ、本、乾燥穀類、皮革製品、衣類、木材など
クモノスカビ
(リゾプス)
灰黒
クモノスカビの顕微鏡写真
自然界に広く分布しており,野菜、果物、動物の糞等によく生える外観がくもの巣状のカビでデンプン糖化力の強い菌種はアルコール製造や発酵食品、有機酸産生などの有益性もありなすが、食品、飼料の汚染、植物病原性などの有害性があります。 室内のハウスダスト、パン、野菜、穀物、果物などの食品
アズキイロカビ
(ワレミア)
褐色・黒褐色
アズキイロカビの顕微鏡写真
糖度の高い食品に発生する事が多い乾燥に強いカビで、直径2〜3mm程度の小さなチョコレート色の集落を形成します。カビ毒は産生しません。 畳、ジュータン等のフケ、アカ、食べこぼしがたまる場所やチョコレート、カステラ、羊羹、干し柿など糖度の高い食品

このページのトップへ

布団クリーニング宅配サービスご利用案内

布団のクリーニングや宅配サービスに関することは何でもお気軽にお問い合わせください。

運営会社:マスタークリーナーズ

〒723-0041
広島県三原市和田1-5-15
tel:0848-64-2781
fax:0848-64-5028
(営業時間:8:30〜17:30)
(日・祝日を除く)

このページのトップへ