よくあるご質問Q&A

布団のお手入れに関するよくあるご質問をQ&Aでご紹介しています。

布団のお手入れに関するご質問

誠に申し訳ございません。当社は布団クリーニング専門店のため、お受けすることができません。

誠に申し訳ございません。当社は布団クリーニング専門店のため、お受けすることができません。

お布団の側地は、ダニやホコリが付l着し汚れています。まず、生地を傷めないように軽めに掃除機をかけます。お布団を十分干した後に行うと効果的です。シーツの洗濯もこまめに行うとダニの繁殖を抑えます。(目安は最長でも2週間ごとです。)

お布団は一晩にたくさんの汗を吸収しています。そのまま放置しておくと、カビや雑菌の温床になりけねません。綿布団の場合はカバーをつけて天日干しをします。一時間を目安に表・裏を入れ替えます。羽毛布団・羊毛布団の場合は、風通しの良い日陰で干します。雨の日の次の日などは控えて、よく晴れた湿気の少ない日に行います。

汚れがあれば除去し、日に干してよく乾燥させた上で、通気性のある湿気のない場所に保管してください。通気性がなく湿気が多い場合、臭いが発生する場合がありますのでご注意ください。また、保管中でも時々日干しをして乾燥させてください。なお、布団圧縮袋をご使用になる場合には、良く乾燥させてからお使いください。
詳しくはアレルギーを予防する布団の長期収納法をご参考にしてください。

綿布団は長い間使用しているとヘタリが生じます。綿にも寿命があり、日干しをしてもふっくらとしなくなったのは、綿の傷みや汗の塩分などの汚れの可能性があります。打直しや布団のクリーニングをお勧めします。

羽毛布団によっては、ご自宅やコインランドリーなどでも洗える場合がありますが、ご自宅やコインランドリーでのクリーニング方法は全ての羽毛布団に適した方法ではありません。羽毛布団の機能を維持するためには側地や羽毛を傷めない羽毛布団のクリーニング方法が必要です。また、羽毛布団が汚れたら早めの水洗いによるクリーニングをお勧めします。汚れた状態で使用すると生地の劣化を早めます。

このページのトップへ

布団クリーニング宅配サービスご利用案内

お気軽にお問い合わせください。

運営会社:マスタークリーナーズ

〒723-0041
広島県三原市和田1-5-15
tel:0848-64-2781
fax:0848-64-5028
(営業時間:8:30〜17:30)
(日・祝日を除く)

このページのトップへ