夏の快眠方法

夏バテしないためには、良質な睡眠を得るための自分に合った睡眠環境づくりが必要です。夏の快眠環境をつくる方法を紹介しております。当サイトをご参考に自分に合った夏の睡眠法を見つけてください。

睡眠不足に陥りやすい夏の睡眠環境と体内環境

寝苦しい蒸暑い夏は慢性的な睡眠不足に陥りやすく疲労が回復せず、逆に蓄積され食欲や体力も減退し、夏バテ状態になりがちです。

夏に睡眠不足になる原因は、高温多湿の不快な寝苦しい寝室内や寝床内の睡眠環境と睡眠に必要な手足からの熱の放出が出来難く、体温の低下が十分に得られない体内の環境が関連し、寝つきが悪くなるためと、暑さや湿気による不快感で眠りが浅くなり、その結果、夜中に目が覚め睡眠不足になる場合が圧倒的に多いようです。

睡眠不足の原因は高温多湿の寝苦しい睡眠環境です。

夏バテを予防する睡眠方法

夏バテを予防するには、良質な睡眠をとり、疲労を回復させることが必要です。快適な睡眠環境には温度だけでなく湿度、寝具、体内の環境も重要な要素となります。
睡眠に快適な寝室内の温度と湿度は夏の場合、温度25〜27℃、湿度50〜60%が快適といわれていますが、日本の夏の平均的な湿度は約76%と高く、不快感で寝苦しくなり、眠りを浅くする原因になっています。
寝苦しさを感じたら、まず寝室内の温度と湿度を調整し快適な睡眠が得られる睡眠環境を作る工夫が必要です。
また、吸湿性と放熱製の高い枕や寝具にかえてみるのも効果的です。

エアコンや扇風機を上手に活用しましょう

熱帯夜の割合は年々増加傾向にありエアコンや扇風機は、夏の暑い時期、必要不可欠となっています。夏の夜はエアコンや扇風機を上手に活用し、温度と湿度を調整しましょう。
しかし、エアコンや扇風機は便利な反面、使用方法を間違えると健康を損なう恐れもあります。また、温度や湿度は人それぞれに感じ方に個人差があったり、体温調整が難しい高齢者や乳幼児もいるので、自分に合った使用方法や調整方法を、見つけることが大切です。

エアコンや扇風機を使う時の注意点

人が感じる暑さは温度が同じでも湿度が低く気流がある状況であれば涼しさを感じられます。しかし、気流が直接身体に当たれば、身体の熱が奪われ、逆に体調を崩してしまいますので、女性や高齢者は特に注意が必要です。

寒いと感じたときには、すぐに止められるように、手元にリモコンがあると便利です。就寝時はエアコンの設定温度を高めにし風が身体に直接当たらないように気をつけ、扇風機を壁に向け併用すると、穏やかな間接気流と壁の温度を下げる効果もあり、エアコンの設定温度が高くてすみます。

エアコンや扇風機は直接風が当たらないよう注意が必要です。

夏用寝具の見直しやお手入れも大切です。

夏は大量の汗をかくため通気性の悪い寝具は熱や湿気がこもり易く眠りが浅くなってしまいます。夏用の寝具として要求される機能は、吸湿性と発散性が高く、通気性が良い熱がこもりにくいものをお勧めします。
素材によっては汗が充分吸収されず蒸れて寝苦しさを増す原因となる事もあり、生地や中綿の素材も大切です。爽やかに眠るには、綿や麻などの天然素材がお勧めです。
また、夏は睡眠中、大量の汗をかくため、その汗は布団に吸収され、汗の塩分が更に湿気を呼びます。湿気を吸ったジメジメした布団では快眠はできません。定期的に洗濯し汗の塩分を除去したり外に干したり、乾燥機などを利用して、湿気を取り除くだけでも快適さはぐんとアップします。

体の環境も整えましよう。

就寝前の体温や精神の状態などの体の環境は、日頃の習慣を少し変えるだけで眠りの効果が期待できます。体温と睡眠には大きな関係があり体の中心部の温度が高いときは眠りに入りにくく、下がると入眠しやすくなります。
体温の下がりを大きくするためには、就寝時刻の1時間前までに37〜39度くらいのぬるめのお湯に入浴しあらかじめ体温を上げておくと皮膚からの放熱を促して体温の下がりが大きくなるため、スムーズに眠る事ができます。
また、眠る前にリラックスすることを習慣づけておくと、身体も脳も眠りの準備に入りやすくなります。読書や音楽を聴いたり、自分にとって心地よい環境を整えゆったりとした気分で過ごしましょう。

このページのトップへ

布団クリーニング宅配サービスご利用案内

お気軽にお問い合わせください。

運営会社:マスタークリーナーズ

〒723-0041
広島県三原市和田1-5-15
tel:0848-64-2781
fax:0848-64-5028
(営業時間:8:30〜17:30)
(日・祝日を除く)

このページのトップへ