汚れや素材に適した漂白剤が必要

布団をクリーニングする上で繊維を傷めず効果的にシミやカビを落とすには、繊維の素材や色、汚れの種類や付着状態に合う効果的な漂白剤を選ぶことが大切です。

漂白剤の使用目的

漂白は、洗剤では落ちないカビやシミ汚れを漂白剤の化学反応を利用して分解し無色にすると共に落とし易くする作業です。また、漂白剤には殺菌効果もあります。

繊維は長期間使用していたり、洗濯を繰り返すと、段々黄ばんできます。これは繊維そのものが変色する場合と洗剤や汚れが蓄積して変色する場合があります。また、体内からの汚れや外からの汗や食べこぼしなどの有色汚れの色素が付着し着色する場合やカビが発生する場合もあります。
これらの有色物質を分解し無色にするのが、漂白剤です。

漂白剤のイメージ

シミやカビ取りには漂白剤が必要

漂白剤が有効とされるシミやカビなどの汚れであっても時間が経過すると落ち難くなり、汚れの付着状態によってはシミ抜きに大変手間がかかります。
また、汚れの種類や生地の状態によっては漂白剤は万能ではなく、他のシミ抜き溶剤等を使用することもありますが、気になるシミやカビを取って欲しいというお客様のご要望にお答えするには漂白剤によるシミ抜き処理は必要です。
しかし、作業効率を上げるために生地や布団が傷むなどとして、漂白剤やシミ抜き溶剤を使用をしないクリーニング店も多いのが現状です。
繊維を傷めず効果的にシミを落とすには、繊維の素材や色、汚れの種類や付着状態に合う漂白剤を選ぶことが大切です。
当社では、一枚づつ布団の状態や繊維素材にあわせた漂白剤を使用して布団のクリーニングを行っています。

漂白剤のメカニズムと種類

漂白剤の役目は酸化または還元という化学反応を利用し汚れの物質を分解し汚れを落ちやすくする働きで、汚れを分解せずに界面活性剤により汚れを包み込んで除去する洗剤とは汚れを除去するメカニズムが異なります。

漂白剤の種類

漂白剤には酸化漂白剤・還元漂白剤の2種類あり、酸化漂白剤は塩素系と酸素系に分かれます。
代表的なものとして、それぞれ以下の種類や成分の漂白剤があります。

種類 酸化漂白剤 還元漂白剤系
塩素系 液体酸素系 粉末酸素系
PH アルカリ性 弱酸性 弱アルカリ性 弱アルカリ性
成分 次亜塩素酸ナトリウム 過酸化水素 過炭酸ナトリウム 二酸化チオ尿素
特徴 漂白力は強いが色柄物に使用すると脱色するので注意が必要です。 弱酸性のため、羊毛や絹などの動物性繊維や色柄物に使用できます。 液体酸素系より漂白力が強く綿、麻、化学繊維や色柄物に使用できます。 色柄物や金属染料には使用できません。
酸化漂白剤

塩素系と酸素系それぞれは、ほぼ同じ性質をもっていて、汚れの色素を酸化させ漂白します。

塩素系漂白剤は、ご家庭での洗濯にはお勧めできません。

塩素系は 漂白力が強く、手間をかけず大量に処理できるため、白衣やシーツなどの汚れの激しい耐久性のある衣類などのクリーニングに適していますが、染料まで脱色してしまうため色柄物には使用できません。

酸素系漂白剤は色柄物にも使用でき、ご家庭での洗濯に適しています。

酸素系は塩素系よりも漂白力は穏やかで手間はかかりますが、色柄物にも使えるため布団のクリーニングやご家庭の普段のお洗濯に適しています。
布団のクリーニングで使用される漂白剤は、殆どが酸素系漂白剤です。

酸素系漂白剤には液体と粉末があります。

酸素系漂白剤は液体と粉末があり、液体の酸素系漂白剤は過酸化水素が主成分で弱酸性となり、羊毛、絹などの動物性繊維にも使えます。
粉末の酸素系漂白剤は過炭酸ナトリウムが主成分で、水に溶かすと弱アルカリ性となるため、羽毛や羊毛、絹などの動物性繊維を傷めてしまうため適していません。

洗う繊維の材質に合わせて使い分けます

酸素系漂白剤には粉末と液体があります。
還元漂白剤

還元漂白剤は酸化漂白剤とは逆の働きを利用し、汚れから酸素を除去することで漂白します。
酸化漂白剤とは全く逆の働きをするので、塩素系の漂白で黄色く変色した物の修正や酸化漂白で落ちない鉄分のシミやサビ汚れなどが付着した場合に使用します。色柄物には、脱色を起こすため使用できません。

漂白剤の危険性

塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムとトイレ用洗剤などの酸性薬剤や食酢、アルコール、アンモニア等と混ざると、次亜塩素酸が急激に遊離、分解し猛毒な塩素ガスが発生します。

塩素ガスは非常に危険な毒性を持っており、狭い空間で多量に吸い込むと、死亡に繋がる極めて危険な物質です。

塩素系漂白剤や酸性タイプの洗浄剤の容器には「まぜるな危険」と表示されています。酸素系漂白剤では混合しても塩素ガスは発生しないため、警告表示はされていません。

塩素系漂白剤と酸性タイプの洗浄剤の「まぜるな危険」の表示例

漂白の洗濯絵表示

ご家庭での洗濯で漂白剤を使用する場合は、家庭用品品質表示法で注意表示の洗濯絵柄表示があります。
また、日本で販売される輸入衣料に関しては、日本の洗濯絵柄表示を表示することになっていますが、海外で製品を購入した場合や直輸入品には日本の洗濯絵柄表示と異なることがあります。
海外の製品では、国際標準化機構の取扱い絵表示や英語表記のみで表示されていることがあります。

日本の家庭用品洗濯等取扱い絵表示

塩素系漂白剤使用可能の絵表示 塩素系漂白剤による漂白が可能です。 塩素系漂白剤使用不可の絵表示 塩素系漂白剤による漂白はできない。

海外の国際標準化機構の取扱い絵表示

海外の塩素系漂白剤使用可能の絵表示 塩素系漂白可 海外の非塩素系漂白剤のみ使用可能の絵表示 非塩素系漂白のみ使用可 海外の漂白剤使用不能の絵表示 漂白剤使用禁止

英語表記のみの表示

Only Non-chlorine bleach when needed 非塩素系漂白剤のみ使用可能です。 Do not bleach 漂白剤は使えません。
No bleach 漂白剤は使えません。 No chlorine bleach 塩素漂白剤は使えません。
Do not use chlorine-based bleaching 塩素系漂白剤使用禁止。 Use only Non-chlorine bleach when needed 必要であれば、非塩素系漂白剤のみ使用可能。

このページのトップへ

布団クリーニング宅配サービスご利用案内

布団のクリーニングや宅配サービスに関することは何でもお気軽にお問い合わせください。

運営会社:マスタークリーナーズ

〒723-0041
広島県三原市和田1-5-15
tel:0848-64-2781
fax:0848-64-5028
(営業時間:8:30〜17:30)
(日・祝日を除く)

このページのトップへ